医療法人社団あおば会医療法人社団あおば会

TOPお知らせ遺伝子検査

・MCIスクリーニング検査(50歳以上に適応)

検査はアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)の原因物質である「アミロイドベータ(Aβ)ペプチドを脳内から排出」する働きや、 「そのシナプス毒性に対して防御」する働きのある3種類のタンパク質(apoA1、C3、TTR)の血液中の量を調べています。 これらのタンパク質は軽度認知障害(MCI)やアルツハイマー病で低下していることが知られています。 これらのシナプス障害を防ぐタンパク質の働きが低いことを示します。 シナプス障害を防ぐタンパク質の働きが低いと、Aβがたまりやすくなったり、 シナプス毒性を防ぎきれなかったりすることで、Aβ毒性に対する抵抗力が弱って、 その結果シナプス障害を引き起こし、MCIやアルツハイマー病のリスクが高まると考えられます。
20,000円(税込)


※これらの検査は健康保険の適応がありません、自費検査です。実施に当たって、まず来院していただき説明した上で予約いたします。